忍者ブログ
乱視回復方法の紹介です。
[7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近,視力の低下に悩む人がとても増えています。その背景には,テレビゲームなどをやり過ぎたり,パソコンを仕事などに使う人が増えていることがあります。

また,携帯電話を片時も離さずに,小さい画面で文字などを打つことにより,さらに視力の低下を招いている場合もあります。



そんな視力低下ですが,その視力を回復するトレーニング,「視力回復トレーニング」というものがあります。



視力回復トレーニングとは一体どのようなことをするトレーニングなのでしょうか。

また,視力回復トレーニングをどれくらいすれば,どれくらい視力が回復するようになるのでしょうか。



視力回復トレーニングにも色々なものがありますが,とても有名なのが,「遠方凝視訓練」と呼ばれる視力回復トレーニングです。

この「遠方凝視訓練」という視力回復トレーニングは,名前の通り,遠方を凝視することによって,近視の人の水晶体の状態を正常にしていこうというトレーニングです。

この視力回復トレーニングは,どのように行うのでしょうか。



この「遠方凝視訓練」の視力回復トレーニングのやりかたは,とても簡単です。

一度,近くを見ます。そして,今度は素早く遠方に視点を移して,遠方を凝視するように

します。これだけで,視力回復トレーニングになるのです。

この視力回復トレーニングをくり返して行うことにより,衰えていた毛様筋を鍛えることができ,水晶体のピントの合う範囲が広がっていくようになるそうです。



この視力回復トレーニングは,もちろん自宅でも出来ますが,視力回復トレーニングを

専門に行っている施設などもあり,そのような場所では,視力回復トレーニングに効果的な器具などを使って,視力回復トレーニングの手伝いをしてくれます。

そのことにより,短期間の視力回復トレーニングを行うだけで,視力回復の効果を

生み出すといいます。



また,その他の視力回復トレーニングとしては,市販されている穴の開いた眼鏡を

使うことも有効とされています。

穴の開いた簡易眼鏡(アイマスクのようなもの)をつけるだけで,目の疲れがとれると

いいます。

また,開いた穴から近くや遠くを見ることにより,視力の回復につながるということです。



その他にも,視力回復トレーニングのやりかたにはいろいろな方法があるようです。

自分に合った方法での視力回復トレーニングを,きちんと毎日,決められた時間だけ

根気強くやるということが,視力回復トレーニングを成功させる方法です。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ